求人の絞り方


「あれもこれも!」

ちょっとずつ良い条件で「どれに応募をいたら良いかわからない」。
これとこれの条件が合わされば最高なのに!

わかります!ですが、そんな仕事はありません。

何が重要で何が妥協できるか。

今回は、

「優先順位をつけ、求人を絞り込む」

に注目!

【この記事の目次】

1.勤務時間

家庭、子供の都合に合わせ、働ける時間に限りがある。
働ける時間は何時頃だろ?
・幼稚園のお迎えがあるから14時まで
・保育園は19時まで預かってくれるから18時まで
・学校が終わる15時までには家にいたい

おのずと働ける時間が明確になります。

2.勤務地

勤務時間が明確になると、勤務地が絞り込めます。
9時から15時で働ける場合、
・子供の保育園に8時までに預ける
・保育園に5分滞在
・職場には15分前に入りたい
と言うことは、40分以内の通勤場所を探します。

但し、通勤するルートは「試したほうが良い」です。

・え!渋滞している

と、「こんなはずではなかった」や、
「やっぱり、通勤に40分は負担だな…」など
通勤する時間に2,3回は「通勤ルート」を試したしたほうが良いです。

曜日により混雑も考えられるので
1度ではなく数度、試してみてください。

3.勤務の曜日

勤務時間と同じく、家庭、子供の都合に合わせ
・土日は働けない
・土曜日は保育園に預けられるから働ける
・水曜日は塾の送迎がある

このように、働ける曜日を明確にしましょう。

1,勤務時間
2,勤務地
3,勤務曜日

・これくらい誰でもやってるよ
・普通じゃない?
・当たり前すぎる!

そんなことは決してございません!

職種や時給を優先にする人が多く
応募したは良いが「曜日が合わなかった」。

やりたい仕事があったから即応募したけど
扶養内に収まらない…。

見ているようで、わかっているようで考えるている人は

多くありません。

無理をしてでも!そんな方も多くいらっしゃいます。

「少し無理をしてでも働きたい!」
残業は出来ますか?
→はい、30分程度であれば…

今週だけ、土曜日に仕事をしてくれないかな?
→はい、わかりました。

「今回だけ」が仕事をしていると「当たり前」になった経験はありませんか?
面接や勤務を開始した後も「明確」にすることは大事です。

出来ているようで出来ていない「求人の絞り方」。
優先順位を付け、明確にしてからご応募してみてくださいね。


関連記事

注目の記事

  1. パート・アルバイトの退職はどのような事が原因になっているのでしょうか? お仕事を探す方も、また…
ページ上部へ戻る
Back to Top ↑